読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

上or前?

先日知り合いの社長から聞いておもしろかった話を書きます。 突然、私に対し 社長はこう言いました。

 

「お前はリーダーについて真剣に考えたことがあるか?」

 

いきなり過ぎて何のことかわかりませんでした(笑) しかも、答えはノーです。

 

内容としてはリーダーには2種類あるということでした。 それは ①人の上に立つリーダー ②人の前に立つリーダー というものです。 そして、「自分の個性・置かれている環境によりどちらかを選べ」と言われました。

 

個別に説明を受けたのをまとめていくと、①は絶対的な力を握れる。 それは実際にあろうとなかろうとポジションがそうさせる。 上に立つ以上、下の者がいる。 それを忘れず、おごることなく、下の者に感謝していかないといけない。組織は下から崩れる。下の維持が大事。みんなより上にいることで仲間の動きがよく見える。適材適所な配置を考えたりするのに長ける。

一方で②は前に立ち先導する形でみんなを同じ方向に向けていく。 そんな先頭に立つ後ろ姿を仲間は見ている。 そのため事が成功した後は、賛辞を得る。まさに過去の英雄たちはこのタイプ。 しかし、前線に行き過ぎるとダメ。 危険が伴います。戦国時代に最前線に大将がズカズカ行っても死ぬだけです。 そこでリーダーを失っては組織の崩壊です。

どちらが正しいとかいう話ではないので深すぎて難しいですが、いずれは後輩が増えていき自然と人の上に立っていくと思うので考えていかないといけないと思いました。そういえば、あんまりリーダー論について考えたことがなかったと思い思わずネットで本を買ってみました。 思い立ったら即行動!

 

スポンサーリンク

社長の共創力 社員が自ら動く組織を作るための6つの力

社長の共創力 社員が自ら動く組織を作るための6つの力