読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

久しぶりにせどり

一時もてはやされた「せどり」ですが、今でもサラリーマンの副業として、かなり根強い人気があります。

言葉の起源としては、本の背表紙だけを見て利益を取るということから省略してせどりとなりました。今ではその他にも家電やカー用品など多岐に渡る仕入れ対象が出てきたので、「転売」と言われます。それでも仕入れ金が少なくても取り組める点で本のせどりはやる人が多いです。ただ、そう言うと

 

せどりはやってる人が多くて今からやるのはビジネスとして遅い

 

そんな言葉が聞こえそうですが、全くそんな事ありません。むしろ、まだまだ稼げます! これは実体験も含めて自信を持って言い切ります。だから、やる前から諦めず取り組んでみましょう。

まず副業初心者の方はコツコツ月5〜10万を目指しましょう♪ 僕のやり方を単純に真似するだけでそのくらいは稼げると思います。

ではどのようにしていったかという中身をお伝えしてまいります。僕は未だにブックオフに行っています。ブックオフというとせどりの聖地みたいな感じで、今更!?と思われる方も少なくないと思います。しかし、案外お宝がゴロゴロとあります。あと、ブックオフでは稼ぎにくくなったと思った人もたくさんいるのである意味ライバルが減りました。僕が京都市内で仕入れしてても、ほとんど競合相手はいない印象です。

 

僕の場合はまず見切り品のワゴンの中にある格安商品を品定め。新品で綺麗なものを取り出し、

①「モノレート」というサイトに商品名を打ち込みます。このサイトはその打ち込んだ商品が Amazonでいくらで販売されているか、また販売ランキングが分かります。それを見て、まずは稼げる商品か判断します (=利益を抜ける商品か) 。

かといって、全然売れない商品では意味がないので、続いて②ランキングをチェック! ランキングの折れ線グラフを見ましょう。下に行くほどランキングが高くなります。この線がどれくらいの頻度で上下運動を繰り返しているを見ます 。要は、何回も下に線が行ってるのが 、頻繁に売れる商品です。以上2点を判断してせどりをやりましょう!

 

今回は8000円で売れる本が 300円で売ってました(^◇^) はい、もちろん即買いです♪ 今回の場合だと筆者が最近死んで価値が上がっているというようなパターンでした。せどりとはこんな感じです。

確かにブックオフAmazonの販売価格を参考にしているのは事実です。その点では稼ぎにくくなったという事かもしれません。しかし、物の値段は需要と供給のバランスにより上下します。そして、その動きをブックオフ側がリアルタイムに変更していくのは現実的に無理です。なので、そのタイムラグを狙って利益の抜ける商品を仕入れます。

 

ブックオフに限らず、お宝はいたるところにあります!ぜひ自分なりの仕入れ先を見つけてドンドン稼いで行きましょう!

 

 

スポンサーリンク