読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

アクセスアップの迷信に切り込んでみる

アクセスアップ法

f:id:riego0on:20160728161813j:plain

副業としてアフィリエイトに取り組まれている方、また始めたばかりの方にとって、ブログへのアクセス数が初めはなかなか伸びないので、気持ち的に焦られることと思います。僕も社会人になった3年ほど前からアフィリエイトを始め、もれなく同じ課題にぶつかっておりました。その当時からインターネットであれこれ調べて試行錯誤を繰り返してましたが、その際よく見かけたアドバイスを振り返って今回は考察していきたいと思います。

 

☆毎日更新でアクセスが伸びる!?

Googleなどの検索エンジンから「アクセスアップ」とか「訪問者アップ」という単語を検索するとそれらのやり方がたくさん出てきます。その中の多くで具体的な方法として書かれているのが「毎日記事を更新する」「とりあえず記事は100個書く」の2点です。

 

これに関しては、僕は自分の経験から否定します。

まず大前提として、ブログは自分が楽しく書くことから始まると思います。その空気感は文章に現れ、読者にも伝わります。だから、自分が楽しめる範囲で無理なく継続して記事数を積み上げていくことが、最大のブログの集客力アップだと考えています。毎日更新しないといけないと日々予定もある中で時間に迫られるようでは、続けるのが苦になってしまうのではないでしょうか?途中で終わっては意味がないですよね?

この毎日更新と記事数の話が出るのは背景にSEO対策があります。SEOとは検索エンジン最適化(=検索結果でより露出するようにする)のことで、アフィリエイトでの収益増のためによくSEOを強くしようと言われます。これに関しても僕はしっかりした記事を丁寧に自分の言葉で書いていれば、勝手に高まると思っています。

読み手の方を意識すれば、例えば難しい単語の意味を文章の中で解説したりもするハズです。結果的に多くの単語を使うようになりますので、検索に引っかかり易くなり、SEOにつながると僕は思います。

根本をいえば、僕はSEOのためにブログを書いているのではなく、誰かの少しでも参考になればと思って書いています。アフィリエイトで成功するためには、お金じゃない部分を見失わないことが大切なのではないでしょうか?僕はそう信じています。

少なくとも丁寧に誠実に文章を書くように心がけて質の高い記事を徐々に更新していけば、アクセスは勝手に集まります。質が高いと信頼も生まれ、再訪してくれたり、読者登録してくれる人が表れることになります。だから、とりあえず毎日書かないといけないとか、中身が薄い記事を量産しようと思うのは間違いかなと思います。おそらく中身の無い記事100個より質の高い記事10個のほうが価値があると思います。

一方で、たくさんの記事を量産すれば文章内で使用する単語数や扱うテーマ数が増えるので、確かにアクセスが集まりやすい面はあるかと思います。あながち間違いではないと思いますが、この質の高いものを提供するという視点を前提に行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

SNSを活用すれば本当に読者が増える?

先ほどと同様に、多くのサイトでアクセスアップの方法として、TwitterFacebookInstagramなどのSNS(ソーシャルネットサービス)の活用を謳うページが散見されます。

確かにSNSの性質上、たくさんの方に閲覧してもらえる点で、アクセスアップにかなり有効です。けど、僕の私見を述べると諸刃の剣だと考えてます。というのも、反対に今後サイトに訪れてくれない人作りも加速させてしまう面があるからです。例えば、まずSNSで効果を発揮するために興味を引くタイトルをつける事が多いと思いますが、実際リンクから読者が訪れると全く中身のない薄い記事並んでいるとどう思うでしょうか?

絶対、「なんだ、こんなもんか」。そう思い、3秒でサイトから帰られます。そして、その方はもうあなたのブログをSNS上で見かけても訪れることは無いと思います。このように、とりあえずSNSを活用すれば自動的にアクセスがアップするというのは迷信だと僕は思います。だから、質を整えてからSNSを活用するのは効果ありだと思いますが、中身が伴わない内にとりあえず始めるのは危険ですので避けましょう。反対に質が高いと読者がリツイートやいいねを押してくれるので拡散が始まります。いずれにしても質を上げないと何も始まらないです。

 

以上が、よく見られるアドバイスに対する僕の私見です。でも、ここまで読んでもらったら次の疑問が出てきますよね。続けて僕の考えをお伝えします。

 

 

☆じゃあ、質の高い記事とは?

これまで記事の質の大事さを述べてきました。では、どういうものが「質が高い」と言えるのかに関しては、僕は次のように捉えてます。

 

《記事全体》

・文章が綺麗で分かりやすい

・写真や絵がある

 (アイキャッチ画像)

 

《記事内容》

・内容が役に立つ

・内容が悩み解決になる

・内容が単純に面白い

 

僕は主にこれらの点を意識して文章を作成しています。みなさんもどんなことをネットで検索するかな?とか、どんなブログならじっくり読むかな?と考えるとこれらの項目が当てはまるかと思います。やはり、人に読んでもらう文章は主観だけではダメなので、一呼吸おいて客観的に見直したりして、文章で分かりにくいところはないかなど微調整をしましょう。

こういう文章力は僕も初めはすごく苦手でした。自分はライティングが苦手だと決めつけてましたが、やはり少し勉強をすると劇的に変わります。僕もまだまだ人に誇れるほどでもないので恐縮ですが、始めた当初を振り返るとだいぶマシになったかなと思います。

 

☆どうしたら文章が上手くなるの?

僕も未だに課題となるところですが、個人的に成長出来たのはライティングの本を1冊読み込んだのと、上手なブログの文章を見て学ぶです。参考にお伝えすると僕は神田昌典さん、横田伊佐男さん著の『最強のコピーライティングバイブル』を読み込みました。すごく参考になるので興味のある方はまた読んでみてもいいかもしれません。

最強のコピーライティングバイブル

最強のコピーライティングバイブル

 

 

長々と述べて参りましたが、結局僕が伝えたいのはアフィリエイトで稼ぐためにはテクニックよりも根本的なブログ内容をしっかりさせることの大切さです。私見ですので誤っている部分もあるかもしれませんが、もし良ければ参考にしてみてください。

読んでもらえる文章術 - つぶやき男塾

 

なお、「それだと文章を書くのが苦手な自分はアフィリエイトで稼げないかも」という方もおられると思います。せっかく副業をしようとされたのに、それで断念されるのは非常にもったいないです。あきらめないでください。ネットビジネスはやり方で稼ぐことが出来ます。

個性を出して欲しいのであまりオススメはしていないですが、記事作成の外注化も出来ます。人が作った記事を買うという発想です。確かに時間を買うという面で使われる方もいます。例えばこんなのです。

 

また、もっと楽をしたいという方にはバスメーカーというようなシステムもあります。これらを活用すると一足跳びに立派なブログが出来上がります。試験的に僕も仲間内で買って試しましたが、確かに稼ぐことはできました。

けど、これでいいのかと悩みましたので僕からは一応オススメしないです。あくまでされる場合は個人の判断でお願いします。

  

少し話は逸れましたが、正しい方向でコツコツやればネットビジネスは結果が出ます。いくら競合相手が多かろうと、あなたにしか書けない文章や考え方があります。あきらめず、焦らず、自信を持って取り組んでみてください。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。アフィリエイトで成功するためには、テクニックではなく心のこもった記事作成だと述べてまいりました。少しでも参考になったようでしたら、下の欄からシェアをしていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク