読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

マーケティングの基礎を学べば何でも売れる

ネットショップ

マーケティングは最強の武器

f:id:riego0on:20160815003156j:plain

今回はアフィリエイトやネットショップ運営で商品やサービスを販売するために必要なマーケティングの考え方があります。もし、一生懸命頑張っているのに結果が伴っていない方は人は戦略やマーケティングが間違っている可能性があります。僕なりに抑えておきたいマーケティングのポイントをまとめましたので参考にしていただけると幸いです。

 

モノを売る具体的戦略


☆相手の感情に訴える

人にモノを買ってもらうためには

・欲望を満たす

・コンプレックスを解消する

ということが求められます。例えば髪が生えてくるシャンプーとかです。

しかし、上の例のようにお客様の悩みが顕在化している場合は問題ありませんが、お客様がその商品を買う必要性をまだ見出していない事があります。その時は必要性を訴えることも大事です。先ほどの場合で言えば、若いうちからのケアが大切だと伝えたり、髪がないとどうなるのかなどを伝えます。

☆イメージさせる

相手に買うとどうなるのかを、何が出来るようになるのかをイメージさせる事で購買に向かわせる事ができます。

☆伝え方

お客様は上から目線を拒みます。そのためなるべく丁寧で、優しい口調でいきましょう。もしくは、個性として楽しい口語表現で行うのも良いと思います。

☆第三者の声

他のお客様からの声などを掲載する。いくら僕らが良いと言ってもセールストークかなと思われるので、他のお客様の意見を借りて商品の魅力を語ってもらいます。自分で言うより信憑性が出ます。あと、お客様は面倒くさがりで自分と似た人が購入したものを自分も買ってみようと安直に考えます。

☆ストーリー

会社や製品開発の経緯や開発者の思い、コンセプトを伝える事で共感してくれる人が出てきます。無機質な所からは購入しないです。

 

スポンサーリンク

 

モノを売るテクニック

続いてやっておきたい細かな売り上げアップのテクニックを書いていきたいと思います。売上を伸ばすためには以下の3項目を考える必要があります。

・新規の開拓

・リピーター作り

・購入単価を上げる

 これを念頭に置きながら取り組んでいきましょう。

 

☆メルマガ発行

情報発信を行い販売促進をするとともに、あなたのお店の存在を忘れさせないようにします。

☆いい気分にさせる

人は得したことなどは記憶に残ります。それはリピート購入につながります。また、得したことを人はついつい誰かに話したくなるものです。これをSNSで拡散してくれたり、口コミしてくれる可能性があります。

☆ネット購入の価値を高める

実店舗で買うのが恥ずかしいものは、ネット上で売れやすいです。また限定品やタイアップ品は売れやすいです。


☆選択肢を狭めて提供する

実は人は選択肢が多すぎると、結果的に人は迷って買わない生き物です。ただ、アパレルなどでは商品が少ないと否定的な意見が聞かれますので注意しましょう。あと人は選択肢に迷った時は、ランキングに流れる事も多いです。そのためランキングをサイト内に作っておきましょう。

 

 

☆まとめ

今回アフィリエイトやネットショップを作成するときに気を付けたいポイントを書いていきました。マーケティングをしっかりすればどんな商品が売れる、どうすれば売れるのかが見えてきます。書いてきたことは一見当たりまえなことが多いです。しかし、ついついお客様目線を忘れておられるケースが見受けられます。そうならないように今一度ご自身のサイトやネットショップを見直していきましょう。土台がしっかりできたら次はアクセス集めに力を入れていきましょう。

 関連記事

tukal.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク