読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

過去記事の再投稿でブログ力を上げる

アフィリエイト

はじめに

f:id:riego0on:20161109203742j:plain

副業としてアフィリエイトを始めた方の中には、「全然稼げないじゃないか」と思われているかもしれません。確かに始めて100記事に満たない頃は思うようにアクセスが集まらなかったり、稼げなかったりすると思います。100記事に満たない方はとりあえず自分のサイトやブログの中身(コンテンツ)を充実させていくことに専念しましょう。

しかし、すでに100記事を超えているのに思うようにアクセスが集まらないという方に、今回は取り組んでもらいたい策をお伝えしていこうと思います。それがタイトルの通り「過去記事の再投稿」です。ちなみに、僕も当ブログでもやろうと思いながらも出来ていなかった部分です。しかし、他で運用している稼ぐ用のブログで実践してしっかり効果が出ているので安心してください。ぜひ、参考にして稼げるブログを目指しましょう。

 

なぜ再投稿するのか?

すでにやることは大々的にお伝えしているように記事を再投稿すること。これだけです。内容はシンプルで、すでに投稿済みの記事を修正・加筆して保存し、コピペして新しい記事としてそれを投稿します。わかりやすくいうと、A、B、Cと記事があるのを、B、C、A''にするという感じです。では、なぜわざわざそのようなことをするのかを具体的にお伝えします。

 

①文章のリメイク・ブラッシュアップ

まずは当然ながら文章を再度見直すことになるので文章のミスを修正できます。また、SEOを意識した文言を追記したり、文字数を増やしたりと記事自体の強化ができます。個人的にはアフィリエイト広告のリンク切れなどの整備もしておくほうがいいと思います。基礎を固めてアクセスを集める体制作りをしていきましょう。

 

②最新の日付にする

記事を見るといつ投稿されたものなのかが薄っすら書いています。投稿日が見えることは良い面もありますが、読者目線で見ると悪い面もあります。例えば、2012年に書かれたブログであった場合、最新の情報がほしい読者からすると中身は今でも通用して問題なくても「本当にこれを信じていいの?」と信用が無かったり、「最新の記事を探してみよう」とブログから離れていく人が出てきます。より具体的に言えば、アフィリエイトのやり方が書いた2012年のブログ記事より2016年に書かれた記事の方が何となく正しい情報のような気がしますよね。簡単にいうとそういうことです。だから地味に日付を最新にすることはアフィリエイトで稼ぐ上で大事になってきます。

 

③人の目に触れやすくする

記事を投稿すると「新着記事」として利用するブログサイトに上位表示されます。これにより、たくさんの人の目に触れやすくなります。すでに読者の方も過去の記事を知るきっかけになるメリットがあります。

 

以上のような理由で記事の再投稿がアクセスアップに役立ちます。あと、記事のネタが尽きた方にとってもとりあえず更新しているように見えるので、そういう意味でも役に立つかもしれないです。

 

注意事項

 実施していく中で気を付けてほしいこともいくつかあります。それは以下の通りです。

①元の記事は消す

コピーのもとになった記事は必ず消しておきましょう。Googleなどの検索エンジンでは、類似する記事が存在すると認識するのでブログ自体の評価が下がることにつながります。あたらしく作りなおしたら過去の記事は消すというのを徹底しましょう。

②リンク切れになる

記事の中で別の記事にのリンクを張っていた場合、①の作業をするとリンク切れになります。注意しましょう。

 

その他の過去記事は以下より

アフィリエイト カテゴリーの記事一覧

メルカリ転売 カテゴリーの記事一覧

民泊ビジネス カテゴリーの記事一覧

ネットショップ運営 カテゴリーの記事一覧

その他ビジネス カテゴリーの記事一覧

日記 カテゴリーの記事一覧

 

 

 スポンサーリンク