読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき男塾

真似するだけで稼げる方法やビジネスで成功するための自己啓発を書いてます

斉藤一人さんの音声

日記

今日は朝からYoutubeで音声を聞きながら電車に揺られておりました。何を聞いていたかというとスリムドカンで有名な「まるかん」でお馴染みの斉藤一人さんの講演会での音声です。僕は普段、聞き流せるので作業中などはいろんな方の講演会の音声を再生しています。個人的には耳を使って頭に入れるのもいい刺激になっているような気がします。

 

話は戻りひさしぶりに斎藤一人さんの聞いたのですが、面白いなと思った部分があったのでシェアしたいと思ってブログを書いています。

 

斉藤一人さんは人の人相を大事にされてます。というのも、顔で幸せになれるかなれないかが分かるとされているからです。いつも笑顔の人は幸せに、眉間にシワが寄ってる方は不幸そうにしているようです。だから、人相を明るく優しくすれば誰だって幸せになると考えておられます。その点を踏まえ、仕事面でこんな例えを話されていました。

 

人相をよくしていると、声がかけやすいので自然と仕事の頼まれごとが増える。

 

頼まれたいろんな仕事を頑張ってこなしていると、得意分野が出来たり自分の適正が分かってくる

 

職場の人も

「この仕事はあの人が得意だから頼もう」

となり会社で重宝される

 

それで与えられた仕事を誠実に丁寧に対応するとまたまた信頼が生まれてくる

 

こうして経験を積んでいくと、仮に自分が起業したとしても、仕事に対する信用もあるし、世話になったからと仕事を振ってもらったり、協力してもらえるようになる

  

以上のことを話されていました。

 

ただ、どうでしょうか?

自分に置き換えると、ついつい仕事を頼まれると嫌な気持ちになってしまいませんか?僕はたぶん忙しい時にさらに仕事を持って来られると、余裕がないこともあり嫌だなって気持ちが先行します。

 

けど、それを嫌がらずに取り組み、頑張っていくという普遍的な行動が実は成功を引き寄せるのかもしれません。

 

実際、多くの成功者も「目の前のことに真剣に取り組むこと」が成功の近道だと言われます。あまり「頑張っても無駄!成功はテクニックだ」とは言わないですよね。

 

そう捉えていくと、日々の仕事をしっかり頑張るという基本の大切さに気付けます。おそらく、成功する方は基本の仕事を頑張りながら、別の事も頑張るから上手くいくんでしょうね。ついつい僕も普段の会社での仕事は「こなしている」ってレベルで取り組みがちです。確かに僕がしている様々なネットビジネスの方が努力に対して、お金という結果が伴いますし、その金額も大きいです。けど、片手落ちになってはダメですよね。日々の仕事も今以上に頑張ってみようと思います。

 

たぶん、給料低いから会社は嫌だとか、人間関係で会社に行くのが嫌だとかいろいろあると思いますが、与えられた目の前の仕事を全力で行うと何か変わるかもしれません。また、副業に力を入れておられる方も成功への両輪だと思って頑張ってみてはいかがでしょう?

 

 

 

スポンサーリンク